おぱちょが考えるナンパについて(後編)

前編続き

おぱちょが考えるナンパについて(前編)

2018.03.18

〈後編〉

4.ルーティーンなど理論やメソッドについて

5.ナンパの最終目標設定について

6.さいごに

 

4.ルーティーンなど理論やメソッドについて

前回の記事内容と類似する部分も多いが

オープナー(1声かけ目のセリフ)や

これをすれば即れる!なんていう

目から鱗のナンパメソッドなんてありはしない。

ただ、ナンパを始める際に、

これだけは前提知識としてあると

スタートを切りやすい、というようなものはいくつかあると思う。

たとえば、相手の女性とより親密な距離になりたい時に

『ハンドテスト』

といういかにもらしいメソッドがある。

砕いて解釈すると

ただ相手の女性とヤりたいと思っても

いきなり許してくれる人は少ない。

そこで、徐々に距離を縮めるために

まず手を握ってみて、反応が悪くなければ次の段階へ

といったようなものである。

メソッドといえば聞こえはかっこいいが

なんのことはない、基本的な人間関係構築の段階の一つである。

それを知っているどうかで

即れるか即れないかが大きく変わるようなものではないと思うが

ある程度の知識があると安心感はあるかもしれない。

声掛けから即までの過程で

相手に何を話したら、どういった行動をしたら

心を許してくれるか。

それが万人に適用されるような答えはない。

だが、これも同様

相手をよくみて言動や行動を変化させ、相手に順応していくこと。

 

初心者の方個人個人に合わせたやりかたは

直接話してみて、その人に合った方法を伝授していくのが

ナンパ師が行う『講習』であると思う。

よって、マンツーマン指導が基本となるとおぱちょは思う。

ナンパを始めたばかりの人は

こういったナンパ理論やメソッドといったものを全て鵜呑みにするのではなく

基本の型

として自分に落とし込み、

それに自分流のやりかたを乗せていくこと。

そうすることで、自分にぴったりのメソッドが自分自身に身につくと感じた。

 

5.ナンパの最終目標設定について

最近よく聞くのが

「連れ出しはできたのですが。。」

「ラインは聞けたけど。。」

など、途中までいけたが最後までいけなかったという感想。

これに関しておぱちょが思うのは

ゴール設定を明確にすることの重要性である。

・ラインを聞けた

・連れ出すところまではできた

という人に多く共通するのが

自分の中でゴール設定を誤っていること。

つまりラインゲットや連れ出し

が己の中でゴールになってしまっているのだ。

簡単な例を出すと

「飲み行こうよ!1杯だけ!ちょっとだけ!」

例えばこれで、ようやく女性を連れ出せたとしても

居酒屋かバーでお酒を少し飲んで、終わり。

「1杯だけっていったでしょ?」

と、帰られてしまうケース。

時間とお金だけ損をするパターン。

これを打開する方法として

ゴール設定を明確にすることだ。

即がゴールなら

声をかけてから連れ出し先(カフェや居酒屋など)

にいく過程は途中段階にすぎない。

理想を言えば、ホテルなどに直連れ出しできることが一番なわけで

それ以外の行動は蛇足になる。

いきなりホテルは実際無理があるにしても

このあとどういう過程で、どういったトークフローで

SEXをする流れにもっていくのか。

それを念頭に全ての行動をしないと、途中で終わりになってしまうのだ。

即がゴールじゃない人にとっては的外れな意見かもしれないが

・女性と楽しくお話ししたい

・女性を楽しませたい

・デートしたい

など、それぞれの目標設定を常に念頭におきながら

そのためにどういうプロセスを踏めばいいか

近々でしなければならない行動は何か

どういうトークが必要か。

勉強や仕事も同じで

目標•目的•ゴールが何かを見据えた行動することが重要だと思う。

 

6.さいごに

前編•後編と

長々と書いてしまったが

ぼくが最近思ったことの全体像がこれだ。

ナンパをしているが

目的と手段を混同してしまい

いろいろ見失ってしまうことはあると思う。

即だけがゴールとも思わないし

上述した内容が正しいかは

この記事を読んだ方が自身で判断していただければと思う。

様々なナンパ師さんが

実際に街に出て行動し、それを踏まえ

それぞれの持論を展開している。

いろいろわからないうちは

まだ何もしていない段階なんだと思う。

とにかく行動してみて

なにができたか、できないかが明確になり

そこでやっと誰かの意見を参考にするといいと思う。

もし高校生が問題も解かずに先生に

「勉強できないんですけどどうしたらいいですか」

と聞いても、先生は

なんの科目なのか、どういう問題がわからないのか

答えようがないから、ざっくりとした勉強方法くらいしか伝達できない。

だからまず、なにもできなくてもいいから問題を自分で解いてみて

どこでどうつまづいたかをちょっとでも感じてから

質問を投げかけてみると、より良いものを得られると思う。

あとは、すべての基本スタンスとしては

相手の立場にたって全て考えること。

これさえ念頭にあれば

相手を嫌な気持ちにさせたり、怖がらせてしまったり

そういったことも少なくできると思う。

ナンパって悪いことではなくて

出会いの場だったり、自己成長の手段だったりすると思うから

おぱちょ自身も精進したいと思う。

この記事に関して

意見や質問などあったら

TwitterのDMや質問箱

LINE@からでも良いので待ってます。

友だち追加

長々と読んでいただいてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です