銀座コリドー街ストナン〜社会人なんてワンパンッ!〜

先日、アーチャーを誘い

ナンパのナンパによるナンパのための街

そう

コリドー街

に初出陣してきた。

事前に計画を練り、エアビーで宿を予約し

銀座から車で10分ほどの距離にパレスを確保。

周到な準備をかまし

来たる華金を待ちわびた。

その日は22:00近くまで仕事があったため

アーチャーにチェックインを任せ

宿で待機してもらった。

コリドーの夜は、

会社終わりであろうスーツ姿の男たちで埋め尽くされている。

逆に私服では浮いてしまう。

そのためコリドーナンパにおける参加資格とも言える

「スーツ」をリュックに忍ばせ、その日は仕事に向かった。

22:10。

少し遅れアーチャーと合流。

すぐさま着替え武装完了!

この日を見越して買っていた

おしゃれなネクタイピンを装着し

準備は万端。この時点でややちんこは溶けてかけていた。

アーチャーはコリドー街に行くこと自体が初だったため

いまいち雰囲気が掴めていない様子だった。

おぱちょは仕事終わりに数回通ったことがあるため

なんとなくどんな層の敵がいるのかは把握していたが

まあなんというか

スーツを着たおっさんなんて敵じゃねぇw

とマインドは上々だった。

 

 

まずはアイドリングがてら

と、1~2声かけ。

自分らのテキトーさが伝わったのか、ガンシカ。

全く折れないおぱちょのマインド⭐️

この日は何か起きる…

右脳がピリついていた。

そして3声かけめ。

顔刺しバコチーン!

 

とりあえず連絡先だけ聞き

パレスがあることを伝え放流。

次。


顔刺し!

顔刺し!!

顔刺し!!!

実年齢より若く見えるおぱちょとアーチャー。

そして常日頃から

オープナー和みトークギラの研究に

余念がない2人がコンビ。

正直、最強のマインドだった。

他のスーツ着たギラギラ会社員の雑なナンパなぞ、

もはや敵ではない。

目の前で他のナンパ会社員が諦めた案件に

すかさず声かけ。

「若いおれらならどうよ?」

「あー!さっきかっこいい人いるってうちらで話してたんですよー!」

きんもちいいい…

そしてネクタイピン(アーチャーとおそろ)

がまた食いつく食いつく。

再び連絡先を交換だけし放流。

「もっとだ…もっとエロいメスはいねえがぁ?!」

数組に声かけ→放流を続けたのち

29歳のOL二人組に遭遇。

「私達より若いよね?いいの?」

いいんですいいんですとも。

とりあえず一杯いきやしょう!

と近くの飲食店に入店。

我ら下戸コンビゆえにソフドリを注文。

トークでゴリゴリに責めるが

おぱちょの力不足。。

楽しい雰囲気だけにしてしまい

ノーギラで退店→放流。

アーチャーと作戦会議。

もっと状況を分析し1つ1つ段階を追ってギラ→即の流れにしなければ、、

アーチャーには

「次、むやみに女にボディタッチしたら殺すぞ」

先輩として後輩のアーチャーにここまで言わせてしまい

断腸の念でいっぱいであった。

小一時間ほどその案件対応で潰してしまい

焦る2人。

と、そこに

ギャンエロメス×2…!

「どこいくの?」

「ちょっとトイレいきたくて」

「あ、じゃあおれらと飲み行ってそこでトイレすれば?」

「うん!いく!おにいさんたちかわいいし!」

ウマウマ✨

食いつきが爆発してたからその場ですぐさまキス💋

片割れが

「そんないきなり??」

と、ややグダを見せたため健全モードに変更。

すぐ入れそうなBARで1杯。

4人で同じものを頼む。

飲めない我々は

メス×2がトイレに行っている隙に

「アルコール少ないやつに変えてください!

あ、見た目はそれと近いものにしてください!」

と、バーテンに仕込み。

アルコールによるチングダという難を逃れ、

姫たちが戻り乾杯。(→バレず)

トークでIOIを感じながら

「カラオケいかない?」

とメスからの打診。


即パレスは難しそうなため

カラオケin

予定調和のように

歌→Dキス→酒飲み→コール→歌→Dキス

のヘビロテ!

しかし最後までさせてくれないという

この焦らし!

逆にたまらん。

片割れのIOIがかなり高そうだったため

LGして後日アポを約束し放流。

夢のような時間に浸っていたが

時すでに1:00

このままではパレス損に💦

すぐさま目の前の巨乳×2に声かけし

有無を言わさずタクシーに乗せ

パレスへgo

IOIない状態で連れ出ししてしまったため

パレス内で鬼グダ。

アーチャーが半ギレになるくらいの

くそくそうんち案件だったため

去り際に右手でメスブタどもの乳をはじき、パレス追い出し。

結果としては0即という

残念さはあったが

初めてにしてはよくやったと

お互いの健闘を讃え合う。

コンビナンパとしての重要なポイントや

トークフロー

そしてオープナー。

新たな挑戦は新たな学びを生む。

お互いの強みと改善点を再確認し

その日は就寝した。

 

一つだけ言えることがある。

 

 

アーチャー、また一緒にいこうね!

ということなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です